loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

メタルフリー治療とは

その他

保険治療で主に使用されている「銀の詰め物・かぶせ物(金銀パラジウム合金)」は非常に使い勝手の良い金属として長い間歯科治療に用いられてきました。
しかし 、お口を開いたときの見た目を気にされている方が現在たくさんいらっしゃいます。
また「銀の詰め物・かぶせ物」は見た目だけでなく、金属アレルギー(皮膚症状・脱毛など)や歯茎の黒ずみを引き起こす可能性があります。
当クリニックでは、見た目の美しさだけでなく患者さんの健康を第一に考えた、メタルフリー治療を徐々に推し進めたいと考えております。
そのために、セレックを導入しました。
昨今 金属アレルギーが問題になっています。口の中に金属が入っているから、すべての人が金属アレルギーになるわけではありません。
『ためしてガッテン』の番組で金属アレルギーの特集がありました。
「菌」と金属が一緒に体内に入ると白血球が防御のため攻撃してきます。
そのうちに金属単独で体内に入っても、白血球は敵と勘違いして攻撃しアレルギー反応となるそうです。
口の中は、菌だらけです。お口の中を清潔にしていれば、アレルギーになりにくくなるとのことです。
私自身は、保険治療でお願いしますと言われると、何も考えずに銀の詰め物やかぶせ物を入れておりました。
白いかぶせ物(CAD/CAM冠)が小臼歯だけ2年前に保険適用になり、すこし高いのでどうかなと思っていましたら、そのような不満はまったくありませんでした。
また、今年大臼歯でも金属アレルギーがある場合はCAD/CAM冠が認められたのです。
そして、保険でも徐々に銀歯は減る傾向にあります。
ただ、インレーやアンレーなど部分的な被せ物は強度を考え、銀歯を入れざる負えません。
メタルフリー治療は、金属アレルギー(皮膚症状・脱毛など)がなく、天然歯に近い硬さなので、噛み合わせの歯に負担をかけません。
また歯ぐきの黒ずみが生じず、口をおおきくあけても詰め物が気にならないなどの特徴があります。
しかし、自費治療が中心になります。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket