loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

ジルコニアクラウン

その他

患者様の中には、セラミック治療をしたけれど何度か欠けてしまった方、あるいは歯ぎしりのある方が時々いらっしゃいます。
しかし、現在では欠けないセラミックでジルコニアという材料があるのです。
ジルコニアはセラミックの中で最も硬い材料で、奥歯の被せ物のジルコニアクラウンという形で製作されています。
今回はジルコニアクラウンのメリット・デメリットをお話しします。
一般的なジルコニアはダイヤモンドの代わりとして使われるほど、硬く、透明感のあるものです。
歯科用のジルコニアは同じような成分で白く、硬く、柔軟性のある材料に改良されたものです。
ジルコニアクラウンの利点は、
1.今までのセラミックより硬いので、ジルコニアクラウンにすることによって欠ける可能性がかなり減少します。
2.ブリッジやインプラントなど強度が必要なところでも使えます。
3.ジルコニアは口の中で安定しているため変色や劣化を起こしません。
4.大きなブリッジの治療を行うと金属量が多くなり、左右のバランスが変わるほど重くなっていました。ジルコニアは金属の1/3の重さで作ることができるために、体のバランスを崩すことなく治療が行えます。
5.体に優しく金属アレルギーを起こしません。
6.ジルコニアを被せ物やブリッジにする場合、3Dプリンターのようにパソコン上で設計し、ジルコニアの塊を機械で削り出します。従って、精度が高いものができます。
ジルコニアクラウンの欠点は、
1.今までのセラミックより透明感があまりありません。
2.ジルコニアは歯よりも硬いため、噛み合う歯を傷つけてしまうことがあります。
3.ジルコニアの被せ物を作成する際、歯科技工士が調整を行いますが、材料が硬いために時間がかかり、費用がセラミックより少し高くなります。
4.保険診療ではできません。
5.ジルコニアでも100%欠けない保証はありません。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket