loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

セレックのPCおよびミリングマシーン操作手順

歯科臨床
セレ1 1.セレックのソフトウエアを立ち上げます。 セレ2 2.新規患者様のデータを登録します。患者様の氏名、生年月日、カルテ番号および担当歯科医師を入力します。 セレ3 3.新規症例の追加をします。まず、単冠あるいはブリッジを選択します。次に修復タイプからクラウンを選択します。設計方式はバイオジェネリックを選択、使用するマテリアルのメーカーと種類を選択します。 セレ4のサムネール画像 4.モニターを観ながらカメラを使った光学印象の採得を行います。 セレ5 5.光学印象は咬合面、頬側、および舌側の撮影を行い、形成歯、対合歯、頬側のバイト情報を入力します。 セレ6 6.デジタルマウントは、上下の対合関係を頬側のバイトからソフトウエアが自動的に合成します。 セレ7 7.模型軸の設定はプレートに模型を置き、咬合平面および矢状面からも軸の検討を行います。 セレ8 8.形成歯のトリミングを行います。 セレ9 9.形成歯のマージンを入力します。(本来は、メタルコアをファイバーコアに換えます。) セレ10 10.アンダーカットのないように挿入軸を設定します。 セレ11 11.修復物の編集を行います。水色の薄いところを厚くします。また、コンタクトの強さなどを決めます。 セラ12 12.ミリングをする時のスプルーの位置を決定し、ブロックサイズを決め、オムニカム(PC)とミリングマシーンを接続します。 セラ13 13.ブロックをミリングマシーンに装着し、矢印を押します。そうすると、ミリングが開始されます。 セラ14 14.ミリングマシーンに残りの切削時間が表示されます。7分25秒で出来上がります。 セレ15 15.出来上がった修復物のスプルーを切り、研磨を行い、完成させます。 1~15まで約35分かかりました。
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket