loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

埋伏上顎右側犬歯の位置異常の矯正処置

歯科に関して

13歳の女子です。近くの歯科医院で埋伏状態にある上顎右側犬歯の位置異常を指摘され、来院しました。
埋伏犬歯1
正面の口腔内写真から上顎右側犬歯が未萌出で、左側犬歯は萌出余地がなく、すこし唇側転位になっています。また、下顎前歯部にも叢生が認められます。
埋伏犬歯2
上顎咬合面観の写真から、上顎右側犬歯の萌出余地が1㎜程度しかないことがわかります。
埋伏犬歯3
初診時のオルソパントモX線写真から、上顎右側犬歯は右側中切歯の上方に埋伏しており、すでに中切歯は歯根が2/3以上吸収して、使い物になりません。
そこで、上顎右側はこの吸収してしまった中切歯を抜歯し、上顎左側、および下顎左右側はいずれも通法どおり第1小臼歯抜歯を行い、マルチブラケット法で治療を行いました。
埋伏犬歯4
治療後の口腔内正面写真です。上顎右側中切歯の位置に誘導した犬歯は光CR充填で形態修正を行い、中切歯に見えるようにしました。動的治療期間は1年3ケ月でした。
埋伏犬歯5
咬合面観では右側犬歯の位置に第1小臼歯があることがわかります。また、右側犬歯を中切歯に形態修正したことが舌側面をみるとわかります。
埋伏犬歯6
動的終了時のオルソパントモX線写真です。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket