loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

金属アレルギーの既往のある矯正患者に対する対応

歯科臨床
まず、術前の問診アンケート用紙の金属アレルギーの項目を確認する必要があります。 矯正治療では、バンド、ブラケット、チューブ、アーチワイヤー、加強固定に使用する装置など、金属を使用する機会は多く、口腔内において使用した材料を構成する金属が唾液により溶出することによって、変化を起こしアレルギーが生じます。 アレルゲンはタンパク質なので、金属が直接アレルギーを起こすことはないが、口腔内に装着した装置などから溶出した金属イオンが、体内のタンパク質と結合することによって生じるとされています。 治療前に患者様がアレルギーを発現する金属についてわかっている場合は、使用する材料にその金属が入っていないかどうかをメーカーに問い合わせて、そのうえでその患者様がアレルギーを発現しない材料で治療を行う必要があります。 また、アレルギーを発現する金属がわかっていない場合には、皮膚科などにパッチテストを依頼し、確認する必要があります。 ①メタルブブケットをセラミックス、ジルコニア、プアスチックのメタルフリーの材料を使用します。 ②アーチワイヤーもアレルギーが出にくいとされている材料(オーソラインアーチワイヤーベータⅢ)を選びます。 ③あるいは、すべての金属材料をメッキして使用します。 ④クリアライナーやインビザラインなどのマウスピース矯正に切り替えます。
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket