loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

入れ歯の扱い方

歯科に関して

今日は、介助者が入れ歯の出し入れを行う場合の注意点についてお話しします。
入れ歯の入った状態の口の中と入れ歯が入っていない状態の口の中をよく観察します。
そして、バネの位置を確認してください。
入れ歯はあらかじめ水やぬるま湯でぬらしておくとよいでしょう。口は大きく開けさせない方が出し入れしやすくなります。
バネで頬や唇を傷つけないようにしましょう。
入れ歯の形態は人によってさまざまですので、かかりつけ歯科医に出し入れの仕方を聞いておくとこが大切です。
入れるときは、上あご→下あごの順で、また、外すときは、下あご→上あごの順で行います。
上あごの入れ歯を入れるときは、入れ歯の真ん中あたりを人差し指で支え、親指を前歯にあてて持ちます。口角部を指で引っ張りながら、入れ歯を横から口の中に半分ほど入れ、回転させながら入れます。
このように、出し入れはかならず両手で行い、バネが口角に引っかからないようにします。
外すときは、前歯部分を親指と人差し指挟むように持ち、前方に傾けるようにすると、入れ歯の後ろから外れてくれるので、ゆっくりと回転させながら外します。
下あごの入れ歯を入れるときは、上あごの入れ歯と同じように行います。また、外すときは前歯部分に親指と人差し指をあて、引き上げると外れます。
部分入れ歯の場合に、噛んで装着すると、入れ歯やバネが変形しやすくなりますので、注意してください。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket