loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

口腔白板症

その他

白板症は、世界保健機関(WHO)によれば「ほかのいかなる疾患とも見なされない白色が優勢な口腔粘膜の病変」とされています。
男性は女性の2倍と多く、年齢では50〜70代に多い病気です。部位では歯肉、舌、頬粘膜に多くみられます。
原因としては、喫煙、過度なブラッシングによる擦過(さっか)刺激、合わなくなった不良補綴物(ほてつぶつ)や充填物(じゅうてんぶつ)、う蝕(しょく)(むし歯)などの長期刺激があげられますが、原因不明なものも少なくありません。
白板症は口腔粘膜の角化病変で、症状の現れ方は、粘膜の一部がさまざまな程度の白色になり(白斑型(はくはんがた))、表面は平滑なものや、しわ状のものもあります。
白色の程度も高度になり、いぼ状に隆起してくるもの(疣型(いぼがた))もあります。また、隆起はしないで、赤い部分(紅斑(こうはん))が混在してくるもの(紅斑混在型(こうはんこんざいがた))もあります。
白斑のみでは痛むことはありませんが、紅斑が混在するものでは痛みを伴うようになります。
長期に経過すると、白板症からがんが発生することもあり、紅斑が混在するタイプはその可能性が高いといわれています。これまでの日本の報告では、長期経過で白板症の4〜8%程度に悪性化がみられています。
検査は生検(組織の一部を切除して行う組織学的検査)により正確な診断が可能です。生検により、初期のがんや、白板症に類似した扁平苔癬(へんぺいたいせん)、乳頭腫(にゅうとうしゅ)などとの区別が可能です。また、白板症の悪性潜在能(がんになりやすいか)の診断もできます。
治療の方法は、まず刺激源になっているものがあれば、除去します。また、 薬物療法としては、ビタミンAが有効でビタミンAの投与に反応するか否かを観察します。病変を切除するのが最も確実な治療法です。
しかし、広範囲の病変では切除すると機能障害が出ること、白板症は一生もっていてもがんにならなければ、治療の必要は必ずしもないこと、また、白板症からがんになっても経過観察を定期的に行えば、極めて早期に対処することも可能であることから、以上を総合して患者さんにすべての可能性を話し、そのうえで、生検や切除を決めます。
口のなかに、白色あるいは白色と赤色の混在する病変を見つけたら、歯科医に相談しましょう。気づいて2週間くらいは経過をみてもよいですが、それ以上続いているようであれば、歯科医院あるいは病院の口腔外科を受診するのがよいでしょう。必要に応じて適切な病院を紹介してくれます。
下の写真は舌にできた白板症です。
白板症.jpg

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket