loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

口腔カンジダ症

その他

口腔カンジダ症とは、口腔内で発生するカンジダ(主にCandida albicans) による感染症です。鵞口瘡(がこうそう)とも呼ばれます。
従来、お年寄りや免疫力が低下した状態の人がかかる病気と思われてきましたが、最近では単に唾液分泌低下や、義歯の清掃不良といった局所の要因でも発症することがわかってきました。
原因はカンジダ菌の感染で生じます。長期間の抗菌薬による菌交代現象、生体の抵抗力の低下が感染の要因となるため、抗アレルギー薬、免疫抑制薬、抗がん薬、ステロイド薬の投与を受けている人などで生じるほか、口腔や義歯の清掃不良、唾液分泌低下なども関連します。
通常、高齢者や幼児に起きますが、エイズなどの免疫抑制状態では若い人の口のなかにもみられることがあります。急性型と慢性型があります。口腔粘膜の痛みや味覚障害が出ることもあります。
症状として、 急性型の偽膜性(ぎまくせい)カンジダ症は灰白色あるいは乳白色の点状、線状、あるいは斑紋状の白苔が粘膜表面に付着しています。この白苔をガーゼなどでぬぐうと剥離可能ですが、剥離後の粘膜面は発赤やびらんを呈しています。
白苔が認められない萎縮性(いしゅくせい)あるいは紅斑性(こうはんせい)カンジダ症は舌乳頭の萎縮や粘膜の紅斑が特徴で、偽膜性よりもヒリヒリとした痛みが強くなります。口角の発赤、びらん、亀裂を認める口角炎もカンジダが原因になっていることが多くあります(カンジダ性口角炎)。
病変が慢性に経過した肥厚性(ひこうせい)カンジダ症では、白苔は剥離しにくく、上皮の肥厚を伴うようになります。
従来、カンジダ症というと偽膜性が代表でしたが、最近では萎縮性が増えています。 萎縮性は飲食時に舌にヒリヒリとした痛みがあるのが特徴です。
ほかに義歯の下の粘膜が赤くなる、両側の口角が切れる、苦味や違和感を感じるなどの症状があります。
検査・診断は白苔を生じる偽膜性は、視診により診断は容易ですが、白苔がなく粘膜が発赤(ほっせき)、萎縮する萎縮性は、舌痛症(ぜっつうしょう)や、鉄、亜鉛、ビタミンB12などの欠乏による特殊な舌炎(ぜつえん)との鑑別が必要になるため、血液検査によるこれらの判定と、カンジダ菌を証明するための培養検査や顕微鏡検査を行います。
治療は抗真菌薬であるうがい薬、塗り薬、内服薬を使用することで一般にはよく効きますが、それぞれの薬の使用方法をよく守ることが大切です。
また、日頃から舌を主体とした口腔粘膜の清掃を心がけ、義歯の正しい清掃や管理、口腔乾燥がある場合には唾液分泌や口腔の保湿を促す口腔ケアが重要です。
下の写真は口腔外科学会のホームページより引用させていただきました。
口腔カンジダ症.jpg

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket