loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

歯が痛い時の応急処置

歯科に関して

あなたは急に歯が痛くなった時、どうしますか。夜中だったり、かかりつけの歯医者が休みの時に限って痛みだすものです。
①以前に歯医者でもらった痛み止めや市販の痛み止めを飲む。
まず、以前に歯医者からもらった痛み止めがある場合は、それを飲んでください。もし、ない場合は市販の痛み止めを飲みましょう。一時的な痛みが引くかもしれませんが、早いうちに歯科医院で診てもらいましょう。
②むし歯の穴に詰まっているものを取る、あるいは口の中を丁寧に清掃する。
むし歯の穴に食べカスがつまり、それが違和感や痛みにつながることがあります。歯や歯茎に入っている食べカスを歯ブラシや歯間ブラシなどできれいにしてください。まや、歯磨き粉を付けないで力を入れずに清掃してください。痛みが軽減されます。
③痛い歯を冷やす。
頬に濡れタオルや冷えピタなどを貼って、外側から冷やしてください。痛みが軽減されます。歯の痛みは、歯の中で血液が多くなり、神経を圧迫することにより起こります。ただし、むし歯の穴がなく、知覚過敏で痛い人は冷やすことは逆効果になります。注意してください。
④軟らかいものを食べる。
歯が痛い時は歯に強い力がかからないように、軟らかいものを食べましょう。また、右側の歯が痛い時は左側の歯で食べるようにしましょう。
⑤正露丸を詰める。
大幸薬品の正露丸の主成分であるクレオソートは、歯の鎮痛鎮静や歯の根の消毒に使用されています。痛みのあるむし歯の穴に砕いて、適量詰めることで、一時的に痛みを止めることになります。しかし、進行したむし歯には、むしろ逆効果になることがあります。注意してください。
次に、むし歯が痛い時にやってはいけないことをお話ししましょう。
①痛い歯をいじる。
食ベカスや歯の周りの汚れを取ることはいいことですが、歯を指でいじったり、叩いたりしても痛みはなくなりません。
②アルコールを飲む。
アルコールを飲むと中枢が麻痺いて、一時的に痛みを忘れることができます。しかし、血液の循環がよくなり、その後強い痛みに襲われることになります。
③体を温めない。
痛みがある時はなるべく体を温めないようにしましょう。血圧が上昇し、血液循環が良くなり、痛みが強くなることがあります。熱いお風呂はやめ、シャワー程度にしてください。
④激しい運動はやめましょう。
いづれにしても、基本はかかりつけの歯医者に行って治療を受けてください。
6月27日、28日と全国町村会館でブローネマルク教授を偲ぶ会が開催され、28日の朝ホテルグランドアーク半蔵門の部屋から撮影した風景です。皇居のお濠を半蔵門から桜田門の方向を望んだ風景です。
DSC_0315.jpg

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket