loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

プロポリス歯磨き粉

歯科臨床
プロポリス歯磨き粉 恥ずかしい話ですが、昨年11月頃から下顎左側第二大臼歯の歯茎が少し腫れる時がありました。 衛生士さんにその部位の掃除をしてもらい、抗生物質(ペリオフィル)を歯茎の歯周ポケットに入れてもらっていました。 しかし、なかなか改善しなかったので、この正月のニュージーランド旅行に、万一のことを考えてその抗生物質を持参しました。 旅行中、ハニーセンターに立ち寄ることがあり、そこでプロポリス入りの歯磨き粉が売っていました。プロポリスが殺菌性に優れていることは知っていましたが、試しに使ってみようと購入しました。 日本に帰り、すぐに使用してみました。1週間も使用しないうちにその効果を実感しました。腫れを繰り返した歯茎が腫れなくなったのです。 プロポリスは樹木が作り出す樹脂やロウや花粉を主成分としていて、ミツバチが集めてきた樹脂やロウや花粉を、唾液(酵素)と混ぜることによりプロポリスが出来上がります。 そうして作られたプロポリスには大変多くのフラボノイドが含まれており、非常に優れた抗菌作用や抗ウイルス作用、抗炎症作用、抗酸化作用などがあり、 ミツバチの巣を無菌状態に保ち、外敵から守ります。プロポリスは正に自然がくれた天然の最高の防衛力なのです。 プロポリスには大変優れた殺菌作用や抗菌効果、また炎症を抑える効果があるため、プロポリス歯磨き粉は虫歯予防、口臭予防、歯肉炎の予防、口内炎の予防および歯周病の予防に効果があると考えられます。 ネットで検索してみますと、プロポリス歯磨き粉は、日本では2,000円以上してしまいます。どうにか安く手に入らないかと検索した結果、ニュージーランドから個人輸入することにしました。 そのプロポリス歯磨き粉を1,000円以下の値段で提供することができました。これを使用したから、歯周病が治せるものではありませんが、明らかな抗菌、抗炎症作用を実感しましたので、ご報告いたします。
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket