loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

歯根分割抜去法とは

歯科に関して

"歯根分割法とは、自分の歯をぎりぎりまで残す、できるだけ歯を抜かずに治す治療方法です。
つい最近も歯根の分岐部に穴が開いていて、歯根を切って良好な歯根の方を残すか、あるいはすべて抜歯するか悩みました。
奥歯は上顎で3根管、下顎で2根管と複数の根を持っています。
そして、全ての歯根が同時に悪くなるとは限りません。
そのようなとき、問題のある歯根だけを部分的に抜歯して健全な歯根を残す方法を歯根分割抜去法と言います。
下顎大臼歯などに多くみられる2根の歯は 歯を2分割することから、ヘミセクション、上顎大臼歯などの3根ある場合に1根を分割抜去することをトライセクションと呼びます。
適応症として、重度の歯周病や歯根破折、根管治療を試みるも改善されない根尖病巣、根面う蝕などがあります。
その治療手順は、

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket