loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

歯の着色の改善法

歯科に関して

1.自宅で歯の着色を効果的に落とす方法
①美白用歯磨き粉で歯を磨く
美白用の歯磨き粉には歯の表面の汚れを落とす研磨剤と、ステインを浮き上がらせる成分が含まれています。しかし、これだけで着色を全て落とすのは難しく、歯科医院でのクリーニング後、着色しにくいように維持する方法として使ってもらうのが最も効果的です。一例として、ライオンのブリリアント・モアは、ピロリン酸ナトリウムがイオンの力で歯の表面からステインを浮き上がらせ、ブラッシング+ハミガキの働きでステインをすっきり落とすとあります。
また、絶対にやってはいけないことは、歯を白くしようとして荒い研磨剤の入った歯磨き粉などを使うと一時的にはきれいになりますが、歯の表面に傷がつくためすぐに着色しやすくなります。一般的な歯磨き粉では問題ありませんが、海外のものなどは荒い研磨剤が含まれていることもあります。
②市販の歯の消しゴムを使用する
以前に歯の消しゴムを置いてありますかと電話があり、私自身が知らなかったので驚いたことがありました。通販などで売っている歯の消しゴムの成分はシリコンゴム・研磨剤が含まれています。着色を少しだけ取るならいいかもしれませんが、ゴシゴシしすぎると歯の表面に傷がついて、より着色しやすくなってしまいます。
③ホワイトニングで着色を取る
最近では、ホームホワイトニングのトレーを持っていれば自分で取ることもできます。通販で、ホームホワイトニングのLEDライトやホームホワイトニングジュエルまで販売されています。しかし、どの程度白くなるのかは定かではありません。
2.歯科医院で歯の着色をきれいにしてもらう方法
①コーヒー、紅茶、茶渋には歯のクリーニング
コーヒーや紅茶などの色が付いてしまうと自分で全てを落とすことが難しくなります。歯医者でクリーニングしてもらうと細かな所まできれいに着色を落とすことができます。
②子供の着色も落とすことができる
子供の乳歯の前歯も着色します。年齢が低ければ無理に取る必要はありませんが、歯科医院になれる意味でも着色をとってきれいにし、フッ素を塗ってあげれば、虫歯予防には効果的です。
③頑固なヤニを落とすには超音波スケーラーやエアフロー
タバコのヤニは歯に強力に付いているので、超音波スケーラーやエアフローを当てて取る必要があります。
④詰め物の着色には研磨
前歯にプラスチックを詰めている場合は着色しやすくなります。歯科医院で研磨すればきれいになります。ただし、プラスチック自体が劣化で色が変色している場合は詰め物をやり直す必要があります。
やはり一度歯科医院に行き、相談してみてください。ホワイトニングも値段が多少高くても歯科医院の方が効果があると思います。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket