loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

セレックによるブリッジ製作

歯科臨床
22歳の女性で、35番が先天欠如でその補綴のため来院しました。 すでに、第2乳臼歯が脱落しており、35番の空隙もかなり減少していました。 矯正治療やインプラントなどの処置は考えておらず、初めからブリッジ希望で来院しました。 34番の遠心傾斜が大きく、36番との平行性をとるために、麻酔抜髄し、根充後ファイバーポストを装着しました。 36番は生PZを行いました。1週間後、問題ないことから印象および咬合採得を行いました。 DSC00143.JPG 今回使用したブロックはIvoclarr IPS e.max CAD LH A2です。このブロックは紫色をしています。 DSC00149.JPG セレックに取り込み、ブリッジの製作を行います。 DSC00151.JPG 咬合面観です。 DSC00152.JPG 対合関係も確認します。 DSC00157.JPG さらに、製作するブリッジがブロックに入ることを確認します。 DSC00159.JPG ブロックをミリングマシーンに装着した状態です。ミリングは23分10秒かかりました。 DSC00173.JPG この紫色のブロックをセレックスピードファイヤーでクリスタライズさせます。 DSC00178.JPG そうすると、紫色から歯冠色に変化します。 DSC00200.JPG さらに、グレーズ、ステインを行い、完成となります。
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket