loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 No.84 サグラダ・ファミリア(1)

趣味(旅とゴルフ)

スペインのバルセロナにある大聖堂、サグラダ・ファミリアはガウディが設計し、いまだにその完成形を目指して建設が続けられている建造物です。
 1882年に着工以来、完成までには300年はかかるとされていた同教会ですが、技術革新と入場者の増加に伴う財源安定により完成が前倒しされ、ガウディ没後100年となる2026年に完成する予定と発表されました。
2005年にはユネスコの世界遺産にも登録されています。
まず、はじめに建物の外側を北西から西の太陽の沈む受難のファサード方向に半時計方向に歩き始めます。
DSC00003.JPG
北西から見た受難のファザード方向
DSC00005.JPG
DSC00007.JPG
受難のファザード、彫刻はカタルーニャ人彫刻家スビラックスが担当
DSC00009.JPG
DSC00014.JPG
サクラダ・ファミリアをさらに西から南方向へ歩きます。写真の右の部分が栄光のファサードになり、正面入口になるであろうところです。
DSC00018.JPG
DSC00019.JPG
DSC00022.JPG
池に映った逆さサクラダ・ファミリアを撮影
DSC00023.JPG
東側にある生誕のファザードを正面から見学
DSC00041.JPG
現在のモデルを見学、2026年のガウディ没後100年には18本の塔が立ちます。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket