loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

ブローネマルク クリニックとBertil Friberg先生の講義

歯科臨床
ブローネマルククリニックはイエテボリ大学歯学部の3階にありました。 バスが歯学部の正面に到着したので、写真撮影を行いました。 DSC04994.JPG DSC04987.JPG 以前はこの建物の中にブローネマルクオッセオインテグレーションセンターがあったそうです。現在は別なクリニックになっていたということでした。 DSC04990.JPG DSC04996.JPG 歯学部入り口で記念撮影です。 DSC05002.JPG 歯学部入り口を入った場所です。その後、ここから上の3階にあるブローネマルククリニックに行かずに、ブローネマルクメモリアルを先に見学することとなりました。 DSC05033.JPG 医学部のブローネマルクメモリアル見学後、歯学部の建物の後ろからブローネマルククリニックに向かいます。 DSC05036.JPG Bertil Friberg先生の講義は、失敗や合併症がどこで起こるかというお話でした。この講義のあとBertil Friberg先生がクリニック内を案内してくださいました。この時、ブローネマルククリニックの施設の撮影は可能でしたが、患者さんを撮らないようにとの説明で、結果的には施設の撮影はしませんでした。興味深いことに、現在このクリニックで使用しているインプラントはアストラだそうです。また、ブローネマルククリニックのインプラント周囲炎が多いという話題は、歯周病の専門医の調査であって、臨床上は問題ないことでした。 DSC05037.JPG 右がBertil Friberg先生、左がNeossの技術最高責任者のFredrik Engman先生です。 DSC05038.JPG 左が、オーストラリアに住んでいる、Neossアジア圏の最高責任者のJohn Divitini先生です。 DSC05040.JPG この靴泥マットは、ブローネマルククリニックが歯学部の病院ではなく、市で運営している病院ということだそうです。ちなみに、インプラント治療を希望する患者さんは一年待ちだそうです。
Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket