loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その198. ストラスブール(2)

趣味(旅とゴルフ)

ストラスブール大聖堂は、1277年に着工、1190年に計画されてから建築に300年以上を要したそうです。
現在はストラスブールの顔として、観光客を迎え入れます。
天にすらりと伸びる142mの尖塔、細微に渡る彫刻、ヴォージュ山脈の砂岩でできたバラ色の壁が際立つゴシック建築の建物です。
332段の階段を上って大聖堂の平屋根まで行くと街が一望できるそうです。
DSC04454.JPG
ファサード右側の玄関上の彫刻
DSC04455.JPG
DSC04456.JPG
DSC04458.JPG
身廊から本堂を見た様子
DSC04461.JPG
ストラスブール大聖堂 バラ窓
DSC04465.JPG
DSC04466.JPG
DSC04467.JPG
DSC04468.JPG
DSC04471.JPG
DSC04479.JPG
DSC04474.JPG
ストラスブール大聖堂の天文時計は世界最大の天文時計の1つとされているそうです。現在の時計は1838年から1843年に作られたものでのだそうです。
DSC04475.JPG
DSC04476.JPG
DSC04479.JPG
DSC04481.JPG

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket