loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その73. タホ川対岸からみた古都トレド

趣味(旅とゴルフ)

トレドは、かつての西ゴート王国の首都であり、中世にはイスラム教・ユダヤ教・キリスト教の文化が交錯した地です。
「町全体が博物館」と言われ、タホ川に囲まれた旧市街は世界遺産に登録されています。
トレドの古都の景観で最も有名なスポットは、古都を取り囲むように流れるタホ川の対岸から古都トレド全体を俯瞰したものでしょう。
それはルネサンス期のスペインを代表するギリシア人画家のエル・グレコも描いた風景ですが、まるで絵画のようです(メトロポリタン美術館で「トレド風景」が見られます)。
ぜひ、見にいってください。
DSC00018.JPG
DSC00019.JPG
DSC00020.JPG
DSC00022.JPG
DSC00023.JPG
DSC00024.JPG
DSC00025.JPG
DSC00026.JPG

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket