loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その63. 王宮の丘(ハンガリー)

趣味(旅とゴルフ)

王宮はモンゴルの来襲後13世紀半ばに建てられた後、増改築を重ね中欧ルネッサンス中心地になった場所です。
その後大火災や戦争などで破壊・修復が繰り返され、1950年代になって現在の形状に。現在は美術館や博物館として利用されています。
私たちが行ったときは残念ながら工事中でした。
DSCN6926.JPG
マーチャーシュ教会は700年以上の歴史をもつ教会で、ハプスブルク帝国のフランツ・ヨーゼフ皇帝と王妃エリザベートが戴冠式を行ったことでも有名です。
途中トルコの占領下ではモスクに改装されたり戦時下で打撃を受けたりとこれまた歴史に翻弄された建物です。
DSCN6949.JPG
マーチャーシュ教会の前に広がる広場を三位一体広場いいます。この中央には18世紀に建てられた三位一体の像があります。
DSCN6950.JPG
漁夫の砦はマーチャーシュ教会改築時に造られたもので歴史的には100年ほど経過しています。
DSCN6954.JPG
この地域を守っていた漁師たちを記念して名づけられたとか。また、砦の南端にハンガリー初代国王・聖イシュトバーン騎馬像があります。
DSCN6955.JPG
とにかくここからのドナウ川・ペスト側の景色を見ずに帰ってはいけません。
DSCN6925.JPG
DSCN6924.JPG

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket