loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

歯の痛み(5) 歯肉の痛み

歯科に関して

辺縁性歯周炎によるものを除くと、歯肉の痛みは異常な機械的刺激により歯周ポケットに生じる急性の炎症によって生じます。
①食片圧入
食事の後に歯と歯の間に痛みを訴え、特に繊維質のものを食べた後に起きる痛みです。
痛みは圧迫感を伴い、大変な不快感があります。
この痛みは次の食事の際に生じる再度の痛みの発生までに徐々に軽減します。
ただし、歯科医師が歯間部の食片をとり除けば、ただちに消失します。
診査では食片圧入を起こす歯と歯の間の接触関係を調べます。
歯と歯の間の歯肉は、過敏になっており容易に出血します。
食片圧入部位に隣接した歯は、通常軽く叩いても痛みがあります。
隣り合った歯の接触関係は、むし歯によって問題が生じることが多いですが、治療によって歯と歯の間の接触関係を改善することで消失します。
②智歯周囲炎
下顎の最後方に強烈な痛みを生じます。
自発的で,口を閉じることによって痛みは悪化することがあります。
より重篤な場合,嚥下によって痛みが強くなることや、口が開かなくなることもあります。
急性の智歯周囲炎は,通常親知らずを覆う歯肉の状態不良が原因です。
歯肉は急性の炎症を呈し赤くなり、腫れています。
また対合歯が、腫れた歯肉に食い込むこともあります。
発熱と悪寒がある場合は、感染が生じていると考えられます。
治療は、原因の歯と歯肉の間を洗浄、消毒し、咬合調整を行います。
発熱と悪寒、あるいは口が開かない場合には、抗菌剤の投与が必要です。
対処療法による急性の炎症が消退した後,親知らずを抜歯することで完全に痛みは消失します。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket