loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その55. シュテファン寺院

趣味(旅とゴルフ)

ウィーンのシンボルでもあるゴシック様式の大寺院です。
1147年にロマネスク様式の教会として建てられ、14世紀にゴシック様式の教会に改築されました。
137mの尖塔とモザイクの屋根をもち、堂内にアントンピルグラムが彫刻した説教檀、聖母子の木彫りの聖檀飾り、フリードリヒ3世の墓などがあります。
地下室(カタコンベ)には、ペストで死んだ人々の遺骨やハフスブルク家の内臓が保管されています。
DSCN6285.JPG
DSCN6293.JPG
DSCN6304.JPG
DSCN6306.JPG
DSCN6310.JPG
DSCN6318.JPG

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket