loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その369.紙の大聖堂

趣味(旅とゴルフ)

2011年2月の地震によって、ニュージーランド クライストチャーチにある大聖堂が半壊してしまいました。
その代わりとなる仮設大聖堂は、世界各国の被災地で仮設住宅などを建設してきた日本人建築家、坂茂氏によって手掛けられました。
この仮設大聖堂はクライストチャーチの新たな観光名所となり世界中から多くの人が訪れています。
紙といっても防水や難燃加工がされているので、耐久性が高く50年は問題なく使えるとのことです。
建物の中に入ると、大小様々な筒状の紙で主要部分が作られているのがわかります。
屋根部分はもちろん祭壇や十字架も全て筒状の紙で作られていて、その丸みと木のような色のせいか建物の中は独特の温かみが感じられます。
DSC08153.JPG
DSC08154.JPG
DSC08155.JPG
DSC08156.JPG
DSC08157.JPG
DSC08158.JPG
DSC08159.JPG
DSC08162.JPG
DSC08163.JPG
DSC08169.JPG
DSC08170.JPG
DSC08172.JPG
DSC08174.JPG

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket