loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その308.ドレスデン旧市街(5)

趣味(旅とゴルフ)

ドレスデンの旧市街にある君主たちの行進と呼ばれる壁画です。
102メートルに渡って、マイセン焼きのタイル24000枚が連なっているそうです。
描かれているのはザクセンの1123年から1904年までの君主たち35人とその付き人達だそうです。
こちらを見ている人の一人が、怪力があったアウグスト1世(17世紀末~18世紀初め)だということです。
奥方など女性の姿は全くなく、これは女性が当時、家系継承の対象にならなかったためだとガイドブックに書いてありました。
この壁画は1870年代の作品で、当初は16世紀から流行したズグラッフィート画というスタイルだったそうですが、損耗がひどく、1906年にマイセン焼きタイルに転写されたとのことです。
1945年の空爆の際には奇跡的に損傷を受けなかったそうです。
この壁画の裏側は、君主の馬小屋の中庭があります。
DSC06945.JPG
DSC06946.JPG
DSC06948.JPG
DSC06950.JPG
DSC06951.JPG
DSC06952.JPG
DSC06953.JPG
DSC06954.JPG
DSC06955.JPG

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket