loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その2. スターバックス海外1号店

趣味(旅とゴルフ)

スターバックス
アメリカのコーヒー文化を変えたスターバックス1号店は、1971年にシアトルの有名なパイク・プレース・マーケットのすぐ傍に誕生しました。現在でもスターバックスのファンが行列をつくっています。
1987年3月1日、「イル・ジョルナーレ」がカナダのバンクーバーに3号店出店、その8月、シュルツは地元の投資家とともに、3800万ドルでスターバックスを買収。
「イル・ジョルナーレ」を「スターバックス・コーポレーション」に社名変更したのです。従って、海外1号店(バンクーバーに出店した3号店)はバンクーバーのウォーターフロントステーションにあるスターバックスになります。
当時は、イタリアのミラノのエスプレッソバーの影響もあり、濃いコーヒーが主流でしたが、カナダでティムフォートンのコーヒーが人気であったように、カナダではアメリカに比べ、薄いコーヒーが好まれていました。
海外1号店は当初人気がありませんでしたが、カナダ人の好みに合わせた薄いコーヒーにしてから人気が出たそうです。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket