loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

歯科衛生予防品の売上順位(1)

歯科に関して

本クリニックの受付で販売している歯科衛生予防品の売上順位を受付女子より発表してもらいました。
第1位 オーラルケア歯ブラシ
最も売れているのはタフト24です。この製品は一般成人用 3列歯ブラシでナイロンの毛より4倍長持ちというチャッチフレーズで一世を風靡しました。
ただ、私自身使ってみて、ナイロンより毛先が少し硬く感じ、ナイロンより少しもつかなという程度だと思います。ただ、価格が安いことが売れている要因と分析できます。患者様は10本、20本とまとめて家族の分を購入していきます。
また、タフト24ソフトは歯周病ですぐに出血する患者様が購入しています。その他にタフト20(6-12歳用)とタフト17(1-7歳用)が売れています。この二つは、他のメーカーの商品に比べてヘッドが小さいことが特徴です。
第2位 コンピタ社プロポリス歯磨き粉
コンピタ社プロポリス歯磨き粉は歯科のメーカーとは関係なく、私自身が使用して殺菌効果が高かったので、直接コンピタジャパンから購入しているものです。
現在、知覚過敏症状ケアハミガキ粉のシュミテクトや大信貿易のバイオリペアPROなどは置いていません。シュミテクトは効果がないと答えた方が比較的多かったため、またバイオリペアPROは味が悪いと不評でした。
第3位 (株)ライオンの歯間ブラシ
(株)ライオンのDENT.EXが売れています。超合金SAワイヤー採用で折れにくく、110°アングルと85mmホルダーが高い操作性を確保します。
耐久性もよく、長く愛されている商品です。4SからLLまで7サイズの豊富なラインナップであらゆる歯間に対応します。よく売れるサイズは2Sと3Sです。
I字型を購入する方もいるので、バトラープロキサブラシトラベラー♯1414、♯1514、♯1614も置いてありますがほとんど売れていません。
第4位 ウエルテック社のコンクールF
薬用マウスウォッシュのコンクールはグルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤)が配合されていて、殺菌効果が高いので虫歯や歯周病を予防したい方に推奨しています。ムシ歯、歯周病の原因は、プラーク中の細菌です。ムシ歯の発生および進行の予防、歯肉炎の予防、歯周病の予防、口臭の防止に効果があります。
現在ではコンクールF、ジジェルコートF、ジェルコートIP(インプラント用)、リペリオ、クリーニングジェルなどがありますが、本クリニックではコンクールFのみを販売しています。
第5位 バトラーの歯ブラシ
バトラーの歯ブラシは矯正用の♯121Pと昔から人気の高い♯211を販売しています。矯正装置が入った際に、矯正患者様に最初に差し上げている♯121Pは、月に1度矯正治療で来院した際に1本ないし2本を購入する患者様が大半です。
また、昔♯211は売上No.1でしたが、安い価格のタフト24を販売して以来、♯211の1本の値段でタフト24が3本買えてしまうため売上は低調です。しかしながら、現在でも歯ブラシはバトラー♯211でないとだめという方がいることも事実です。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket