loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その151. ロンドン塔(3)

趣味(旅とゴルフ)

閉館まであまり時間がないので急ぎます。
DSC02570.JPG
DSC02571.JPG
ロンドン塔の中心部にある建物が、イギリスを征服したウィリアム1世が11世紀後半に最初に要塞として建造した四隅に塔のあるロンドン塔のシンボルであるホワイトタワーです。ホワイトタワーの内部には、中世の国王などが使った甲冑や武器、そして国王が使用したと思われる愛馬を見事に彫刻した木製の馬などが展示されているそうですが、時間の関係で寄れませんでした。
DSC02573.JPG
カラスは、17世紀中頃から終わりにかけて在位したチャールズ2世の時代に、大カラスがロンドン塔を去るとイギリス王室が崩壊を迎えるという予言を受け、一定数のカラスを飼うことになったと言われています。そのカラスは、処刑された人の肉を食べるために集まったカラスです。6羽が飼われ、飛べないように羽を切られているそうです。
DSC02574.JPG
DSC02577.JPG
ロンドン塔から見える夕方のタワーブリッジです。
DSC02576.JPG
ロンドン塔から見える夕方の市庁舎です。
DSC02581.JPG
ランソーン・タワー(Lanthorn Tower)は、19世紀末に建てられたそうです。
DSC02583.JPG
時代劇のパフォーマンスをしているので、人が集まっています。
DSC02585.JPG
歩いているとSalt Tower(ソルト・タワー)の入り口が見えてきました。
DSC02590.JPG
先ほどのパフォーマンスの続きです。
DSC02593.JPG
ジュエルハウスはイギリス王室の儀式用の宝石類の保管場所として有名です。

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket