loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その149.ロンドン塔(1)

趣味(旅とゴルフ)

ロンドン塔はウィリアム一世が1078年ころ要塞として築いたものです。
王宮として使用され、兵器、公文書を収納し、金貨銀貨の唯一の造幣局でもあったそうです。
さらにロンドン塔内部には身分の高い国事犯や外国人捕虜を幽閉する監獄もあったそうです。
ロンドン塔は長い歴史が詰まっているためエピソードは数知れません。
しかしそのなかで、一番知れ渡っているのはやはりこの塔で処刑された人々の亡霊といえるのではないでしょうか。
政治に翻弄され苦渋を飲んだ人々の魂が今でもここには生き続けているといわれています。
今回、わずかな時間ですがロンドン塔に入場しました。
DSC02532.JPG
タワーミレミアムピアで下船し、その桟橋から巡洋艦べルファスト記念艦と対岸にはザ シャードが見渡せます。
DSC02533.JPG
DSC02534.JPG
ロンドン塔の入り口に向かいます。
DSC02536.JPG
冬場の間だけ特設のスケートリンクになっていました。
DSC02538.JPG
ロンドン塔の入り口です。
DSC02539.JPG
すぐ左手はBell towerです。
DSC02540.JPG
左手が元の造幣局で、ヨーマン・ウォーダーが住んでいるところだそうです。
DSC02542.JPG
造幣局だったところの入り口です。
DSC02545.JPG
以下、展示されていたものをご紹介します。
DSC02546.JPG
DSC02549.JPG
DSC02550.JPG

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket