loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その104. 中央駅前からドゥオーモへ

趣味(旅とゴルフ)

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は、イタリアのフィレンツェにあるキリスト教・カトリックの教会です。
フィレンツェの大司教座聖堂であり、ドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成されています。教会の名は「花の(聖母)マリア」の意です。
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂は1296年から140年以上をかけて建設されました。
外装は白大理石を基調とし、緑、ピンクの大理石によって装飾され、すこぶるイタリア的なゴシック様式に仕上がっています。
クーポラとランターン(採光部)は初期ルネサンス、そして19世紀に完成したファサードはネオ・ゴシックによる混成様式です。
全長153m、最大幅90m、高さ107m。八角形の大クーポラの内径は43m。聖堂の大きさとしては世界で4番目に大きいものです。
DSC00297.JPG
フィレンツェサンタマリアノベッラ中央駅から出発します。
DSC00305.JPG
チェレッターニ通りを歩きます。
DSC00306.JPG
サン・ジョヴァンニ洗礼堂とドゥオーモが見えてきます。

  • DSC00308.JPG


  • ドゥオーモです。
    DSC00309.JPG
    ドゥオーモとジョット鐘楼です。
    DSC00310.JPG
    見事なファサードの彫刻
    DSC00315.JPG
    ギベルティの作った天国の扉
    DSC00327.JPG
    クーポラに登っているたくさんの人が見えます。
    DSC00470.JPG
    ドゥオーモの内部
    DSC00474.JPG

    Share on facebook
    Share on twitter
    Share on pinterest
    Share on pocket