loader image

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

HISA DENTALCLINIC
DIRECTOR’s BLOG

旅情報 その105. ヴェッキォ宮殿

趣味(旅とゴルフ)

イタリアの世界遺産「フィレンツェ歴史地区」に含まれるヴェッキオ宮殿は、シニョーリア広場に面し、ウフィツィ美術館に隣接しています。
1299年から1314年にかけてアルノルフォ・ディ・カンビオによって建設されたゴシック様式の建物で、高さ94mの鐘楼「アルノルフォの塔」がシンボルになっています。
ヴェッキオ宮殿は、初めはフィレンツェ共和国(トスカーナ公国)の政庁舎として使われ、一時、メディチ家もピッティ宮殿に移るまでここを住居としていました。
1550年から1565年にかけて、メディチ家のコジモ1世の命により、ジョルジョ・ヴァザーリが一部をルネサンス様式に改装。内部にはヴェロッキオやミケランジェロの彫刻、ヴァザーリの壁画などがあります。
ヴェッキオ宮殿は現在でもフィレンツェ市庁舎として使われ、「フランチェスコ1世の仕事部屋」「500人大広間」「レオ1世の間」「ゆりの間」などの部屋に分かれています。
2007年に、「500人大広間」の壁画の裏側に、レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の壁画があるとの調査結果が発表され、さらに注目が高まっています。
DSC00466.JPG
シニョーリア広場からみたヴェッキオ宮殿
DSC00391.JPG
共和国フィレンツェのシンボルミケランジェロのダビデ像
DSC00388.JPG
ヴェッキオ宮殿とウフィツィ美術館の通路
DSC00397.JPG
DSC00405.JPG
500人大広間の壁画
DSC00407.JPG
500人大広間の天井画
DSC00411.JPG
ひねりの加えられた彫刻
DSC00414.JPG
500人大広間
DSC00417.JPG
民族衣装を着たガイドを発見
DSC00423.JPG
DSC00419.JPG
DSC00433.JPG
デスマスク
DSC00438.JPG
DSC00441.JPG

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on pocket